税金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

永年勤続者に対する贈り物をしたいときは

 

税金

 

永年勤務した社員に対する感謝の気持ちを贈る。人としてその気持ちは貴いが、気持ちと会計とは別次元。現金や商品券等を渡すとそれは『給料』扱いになる。だが、

 

  • 記念品
  • 旅行
  • 観劇などへの招待
  •  

    は、社会通念上(金額が常識の範囲内であれば)認められている。

     

    税金

     

    また、ポイントとして、

     

  • 1)市場への売却性、換金性がない
  • 2)選択肢が乏しい
  • 3)金額が多額となるものではない
  •  

    という点が挙げられて、例えば『20,000円以内で、記念品の中から選んでくれ』と指示すると、『選択肢が与えられている』ことになり、それだと現物給与扱いとなってしまう。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 従業員の昼食の弁当代を経費にするためには
  • 従業員の制服代を経費にするためには
  • 交際費の範囲の移り変わり。400万⇒600万⇒800万
  • 海外出張を経費処理する為の3つのポイント
  • 役員への報酬は『役員報酬』として定期定額報酬が義務付けられている
  • 借入金は一時的な収入か
  • 給料から預かった税金を払うタイミングとは
  • 屋根を太陽光パネルに取り換えた場合の経費は『修繕費』でいいのか
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP