税金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

役員への報酬は『役員報酬』として定期定額報酬が義務付けられている

 

税金

 

役員への報酬は『役員報酬』として定期定額報酬が義務付けられている。従って、役員に限っては、先を見越して報酬の金額を設定しなければならない。また、

 

  • 1)形式基準
  • 2)実質基準
  •  

    があり、形式基準というのは『法律的』に役員報酬の限度額を設定することを指す。具体的には、


  • 1)あらかじめ定款で役員報酬の限度額を定めておく場合
  • 2)株主総会でその都度役員報酬の限度額を決める場合
  •  

    の2通りがある。もし、100万円と定めているのに150万円支払われていれば、『利益操作』とみなされ、その上回った部分を経費にすることはできない。またその逆で、全く支払いが出来ず、0万円となった場合は、特例『定期同額給与』として、その分(100万円)を損金計算できる。※ただし、故意の操作は認められない。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 従業員の昼食の弁当代を経費にするためには
  • 従業員の制服代を経費にするためには
  • 永年勤続者に対する贈り物をしたいときは
  • 交際費の範囲の移り変わり。400万⇒600万⇒800万
  • 海外出張を経費処理する為の3つのポイント
  • 借入金は一時的な収入か
  • 給料から預かった税金を払うタイミングとは
  • 屋根を太陽光パネルに取り換えた場合の経費は『修繕費』でいいのか
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP