税金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

給料から預かった税金を払うタイミングとは

 

税金

 

給料を支払うとき、所得税等を差し引いて渡すわけだが、ということは、治める筈の税金をこちらが抜き取り、一時的に預かる形になっているわけである。それを『源泉税』というが、その源泉税を支払うタイミングとは、原則支払った月の翌月10日までの納税となる。だが、給料を支払っている従業員が常時9人以下の会社、個人事業者は、預かった税金を『半年分まとめて』収めることが出来る。これを『納期の特例』という。この特例を受けていると、

 

  • 1~6月までに預かった源泉税=7月10日
  • 7~12月までに預かった源泉税=翌年1月10日
  •  

    がそれぞれの納付期限となる。

     

    この特例を受ける為には、『源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書』を提出することが必要であり、その申請書の提出先は、最寄りの税務署である。また、納期の特例は『提出した月の翌月末日』に承認があったものとみなされるので、日時を間違えないよう、早めの提出が必要。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 従業員の昼食の弁当代を経費にするためには
  • 従業員の制服代を経費にするためには
  • 永年勤続者に対する贈り物をしたいときは
  • 交際費の範囲の移り変わり。400万⇒600万⇒800万
  • 海外出張を経費処理する為の3つのポイント
  • 役員への報酬は『役員報酬』として定期定額報酬が義務付けられている
  • 借入金は一時的な収入か
  • 屋根を太陽光パネルに取り換えた場合の経費は『修繕費』でいいのか
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP