税金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

勘定科目をどう選べばいいか、という決定的な理由はない

 

税金

 

勘定科目をどう選べばいいか、という決定的な理由はない。従って、会議費交際費、というとき、あるいは、旅費交通費か取材費か福利厚生費というとき、そのどれでもいい。税務署は細かく指摘することはない。

 

ここからわかるのは、『だとしたら』という考え方である。理論武装としても、

『だったら最初から決めてくれよ』

 

ということになる。また、勘定科目の名前も自分で自由につけていい。例えば外注することが多い企業は『外注費』としてもいいという。広告宣伝費か外注費かということになる。

 

勘定科目は、なるべく均等にするのがいいとされている。面倒だから雑費だけにする。しかし、雑費だけになる企業はあまりない。従って、目立つ。そうすると調査の対象になる。そういう発想である。

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

  • 損金に算入される7つの租税公課とされない10の租税公課
  • 資産の評価損が損金に算入できる場合の3つの例
  • 脱税ではなく節税。『納税さえすればいい』という発想は逆に無責任
  • 同じ会社の社員と食事をしたとき、それを経費にする為には?
  • 売上?総売上?経常利益?5つの利益名称を一発理解
  • 税務調査が行われる会社の3つの特徴と事前の傾向と対策
  • すべての領収書は経費で落ちるというが、6つの注意点を確認したい
  • 旅費を取材費として経費で落とす為には?風俗代は?
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP