税金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

本や漫画や雑誌やレンタルDVDの料金を経費で落とすことはできるか

 

小説家やライター、漫画家等が、自信の出版する出版物やWeb上において文字をリリースしていくとき、読者にとって、その内容をより面白く、伝えやすく、わかりやすくすることは、通常の企業のいうところの『企業努力』と何ら変わりはない。

 

まさか、通常の企業が消費者、ユーザーの利便性の向上に努める努力、つまりそこにかける研究費や時間等を企業努力として認めて、それ以外の企業のそうした行為を、企業努力として認めないという見解を持っているという人はいないだろう。というかそもそも、『通常の企業』というキーワード自体、何の意味もない言葉である。一体、どんな企業をもって『通常』としているのか。そこまで考えれば、作家等のそうした努力にかけるリソースは、全て『経費』として認められるのがわかってくる。

 

税金

 

彼らのような人間が自分の著作物を世に売り出す為には、当然、他人に認めてもらうように努めることが必須条件だ。より多くの人に認めてもらえれば、それつまり『発行部数』等に繋がり、それつまり『売上』になるわけだから、企業が『この新商品のおにぎりの売り上げをどうやって伸ばすか』ということについて徹底的に会議するのとまったく同じで、

 

他社のおにぎりを購入してみたり、様々なコンビニやスーパーに出向いて市場調査する際にかかる交通費、研究費、交際費が経費で落ちるように、作家が市場調査の為、あるいはイマジネーションを刺激する為に『本や漫画』を買い、あるいはレンタルDVDや映画館で『映画やドラマ』を観て、それを自身の仕事に活かす、というシナリオは、当然の如く通るに決まっているのである。

 

漫画

 

それに、書籍というものは普通、ほとんどのものが会社の業務に役に立つ可能性を持っているわけで、哲学、宗教、美容、科学、環境、ビジネス、どんなものでも、仕事に活かせる有効な情報だということになる。美容関係の仕事をしていない人で、例えば環境系の仕事をしている人が美容関係の本を仕事に関係させるという時なら、

 

『我々が環境を保全することに尽力することで、人間の身体にどれほどの影響を与えるかどうかを見たかった。この本には、 『肌や髪の毛は紫外線に弱く、それによって肌のトラブルを巻き起こす原因となる。』と書いてあり、我々が環境を守り、オゾン層を守る活動をすることによって、人間の身体にも大きな影響を与える、ということがわかったので、非常に役に立った。』

 

とさえ言えれば、もう成立するのである。

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

  • カツラや植毛の料金を経費で落とすことはできるか
  • 衣服のクリーニング代を経費で落とすことはできるか
  • 自宅兼事務所の家賃・光熱費を経費で落とすことはできるか
  • マッサージ代を経費で落とすことはできるか
  • 風邪薬や漢方薬、サプリメントの代金は医療費控除の対象となるのか
  • 歯の矯正代は医療費控除の対象となるのか
  • 不妊治療代は医療費控除の対象となるのか
  • 人間ドックのお金は医療費控除の対象となるのか
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP