税金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

経費で落とすならコピー機や美術品はリースと購入のどちらがいいか


オフィスのコピー機や美術品は、リースと購入のどちらがいいだろうか。デスクワークの仕事ではなくても、コピー機というものはもはや必需品と言っていい。だから、当然の如くコピー機を消耗品費で落としたい。

 

税金

 

だが、実は、経費で落とす為には『リースである』ことが条件。リース代は全額が損金になるのである。購入でも一応経費で落とせるのだが、もしコピー機を購入したら、減価償却の分しか損金にはならない。だからコピー機はリースにした方がお得だ。ただしリースは中途解約が出来ないので、それだけ忘れないようにしたい。

 

これは実は基本の話で、税金の話を少し勉強すれば、『リースは経費で落ちるが、購入は落ちない』という話をよく耳にするはずである。だから、コピー機や、壁にかける絵、また、ウォーターサーバー等をレンタルにすればそれらは経費で落ちるが、購入にすると、落ちないのが『税金の常識』なのである。『植毛は駄目だがカツラはいい』という考え方の背景にあるのも、これらと同じものなのである。

 

税金

 

だから美術品も同じ考え方だ。また美術品や骨董品には減価償却できないものが以外に多い。古美術品、遺物など歴史的価値を有するもの、有名作家の作品などは時の経過により価値が減少するとは考えられない。むしろ、時の経過により価値が上昇する可能性すらあるわけだ。つまり、使用年数とともに価値が下がっていくという減価償却の原則に反する為、非減価償却資産(書画骨董)となる。

 

税金

 

また、古美術品や有名作家の作品でなくても、

 

  • 取得価額が20万円以上のもの
  • 号辺り2万円以上の絵画
  •  

    は書画骨董とされ、減価償却できない。たとえば5号の絵画を20万円で購入しても、号辺りの金額が2万円以上(各4万円)のため、非減価償却資産となる。そう考える、やはり美術品もリースにするのが一つの賢いやり方である。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • メガネ代やレーシックの手術代は医療費控除の対象となるのか
  • クレジットカードの利用明細や請求書明細をプリントアウトしたものの経費計上
  • 領収書・領収証・レシートの違いと経費計上にとって有利なものとは
  • 白紙の領収書を貰うメリットとデメリット。経費の水増しは危険。
  • テレビやブルーレイのお金を経費で落とすことはできるか
  • 会社が社員に車を支給し、それを経費で落とすことは可能か
  • 年度末に大量購入した備品は貯蔵品として資産と見なされる
  • 交際費と福利厚生費の違いは社外か社内だけではない
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP