税金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

領収書・領収証・レシートの違いと経費計上にとって有利なものとは

 

『領収書』、『領収証』、『レシート』という言い方があり、なんだか複雑っぽい印象がある。レシートというのは、コンビニやスーパーマーケットなどで買い物をすると、レジから自動で出て来る、あの小さな紙のことだ。

 

税金

 

そして領収書、領収証というのは、同じ意味で、『わざわざレシート以外の紙を用意して、そこに手書きで金額や詳細を書く』という時に出る、その紙の名前である。

 

税金

 

つまり、どちらにせよその紙の中に、『料金、日時、人数、購入した内容』等がかかれていれば何も問題はなく、レシートでも立派な領収書となる。会計関係者の間では『レシートは領収書ではない』というようなことを言う人間もいるようだが、それは、『リンゴは果物ではなく、リンゴだ』と言っているようなもので、論点がずれている。別にリンゴは、リンゴでも果物でも、どちらにも該当するということなのである。レシートと領収書も同じ考え方だ。

 

税金

 

従ってレシートだけでも会計的に全然通用するのだ。そもそも領収書というものは取引を証明する証拠の一つにすぎない。取引の記録というのは前述したように、

 

  • 日時
  • 価額
  • 取引内容
  • 取引場所
  •  

    が記載されていれば十分なのだ。つまり、レシートはその要件を全て満たしている。というかむしろ、逆にレシートの方が記録が全て残っているので申告を誤魔化せないため、信頼度が高いという見方もあるくらいなのである。

     

    だからわざわざ、手書きの領収書を発行してもらう必要はないのだ。たとえば量販店で買い物をするとき、手書きなら但し書きは『お品代』としか書かれないわけだ。だが、これでは購入した商品が本当にそうなのか、仕事で本当に必要な商品だったのかがわからない。

     

    一方、こと細かく明細が記載されるレシートなら、その点がハッキリして、明瞭会計となるわけだ。近年は、POSシステムも普及しほとんどの店で品名の明細、購入日時などが書かれたレシートが出るし、ファミレスなどでは人数まで出るので、レシートの方が信頼度が高いということになるわけだ。

     

    税金

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • メガネ代やレーシックの手術代は医療費控除の対象となるのか
  • 経費で落とすならコピー機や美術品はリースと購入のどちらがいいか
  • クレジットカードの利用明細や請求書明細をプリントアウトしたものの経費計上
  • 白紙の領収書を貰うメリットとデメリット。経費の水増しは危険。
  • テレビやブルーレイのお金を経費で落とすことはできるか
  • 会社が社員に車を支給し、それを経費で落とすことは可能か
  • 年度末に大量購入した備品は貯蔵品として資産と見なされる
  • 交際費と福利厚生費の違いは社外か社内だけではない
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP